通販エキスパート検定 準1級(ECマーケティング編) 練習問題

設問1

EC部門に関する以下の記述のうち不適切なものを一つ選べ。

    1.EC部門では、すべての役割、担当者が、他の小売よりも、システムへの理解が少し高い必要がある。
    2.システム担当者と協業が多いため、EC部門では制作担当者がシステム担当者とWebページの仕様について打ち合わせをしたり、商品担当者がシステム担当者と日常レベルでコミュニケーションをしていく必要がある。
    3.EC部門は、成長の段階などにより、既存の部署配下の一チームとして各役割をまとめられている場合や、既存の組織に各役割を分散している場合、独立した事業部として各機能がまとめられていることなどがある。
    4.ECサイトの集客は難しいので、より凝ったページでユーザーをひきつけることが最優先とされる。そのため、制作担当者はデザイン志向が高く、ファッションセンスのよい人が求められる。

設問2

CGM広告において、あたかも消費者からの自発的な評判情報に見せかけて広告を行う「ステルスマーケティング」と見られることを避けるために、広告主が最も配慮すべき点として正しいものを一つ選べ。

    1.広告であることを明記する
    2.広告を依頼する消費者の数を少なくする
    3.広告の見本記事を提示する
    4.広告の報酬(広告費)を増やす

設問3

インターネット広告の費用対効果を表す指標がROASである。ROASの算出方法について、正しいものを一つ選べ。

    1.売上金額÷広告費×100(%)
    2.広告費÷売上金額×100(%)
    3.売上金額÷購入回数
    4.広告費÷購入回数