通販エキスパート検定 3級 練習問題

設問1

RFM分析について間違っているものを一つ選べ。

    1.3つの指標を組み合わせて顧客をセグメンテーションする手法である
    2.3つの指標の総合的ポイントが高い顧客が優良顧客となる
    3.最もウエイトが高いのはMといわれ、Mだけでセグメントしている企業もある
    4.ポイント点数の設定は各企業によってそれぞれ異なる

設問2

健康食品通販の特徴で間違っているものを一つ選べ。

    1. 錠剤やカプセルなど医薬品と似た形状の商品は法律で規制されている
    2. アンチエイジングやダイエット、栄養補給、メタボ対策などの商品が中心である
    3. 一般的な健康食品は食品であるため効能効果をうたうことはできない
    4. はじめは化粧品通販を行っていた企業が第2の柱として販売を始めることが多い

設問3

通販マーケティングについて間違っているものを1つ選べ

    1. ロングテール型マーケティングの代表企業はアマゾンである
    2. パレートの法則とは3割の顧客や商品が7割の売り上げを構成することだ
    3. ロングテール購買により構成される売上高は約2割といわれる
    4. クチコミや検索サイトなどを通じて顧客側の「検索能力」が上がったことが、ロングテール型の発達に関係している