日本さかな検定 3級 練習問題

設問1

酒蒸しや炊き込みご飯に、江戸発祥の佃煮でもおなじみのこの魚介。江戸時代からの庶民の味、‘深川飯’にも使われるこの魚介を選びなさい。

    アナゴ
    イワシ
    アサリ
    マダイ

設問2

伊豆・稲取で多く獲れるこの深海魚は、地元の祝い膳やもてなし料理に欠かせません。目が大きく赤い体色の白身魚で、冬に脂がのっておいしいこの魚を選びなさい。

    カジカ
    キンメダイ
    アカムツ
    キチジ

設問3

広島名物のカキは、磯の香りが漂う濃厚な味もさることながら、グリコーゲン、ミネラルなどの栄養素が豊富。地元広島では雑煮の具としても使われます。栄養価が高いことから呼ばれるカキの別名を選びなさい。

    海のミルク
    海のバター
    海の大豆
    海のゴマ

設問4

宝船に乗った七福神のなかで、釣り竿を持ちタイをかかえた‘大漁追福’の漁業の神を選びなさい。

    大黒天(だいこくてん)
    弁財天(べんざいてん)
    布袋(ほてい)
    恵比寿(えびす)

設問5

たたき、塩焼き、から揚げなど日本の食卓でなじみの深いマアジ。一本釣りで漁獲し、刺身が絶品の高級品として全国に知られる‘関あじ’の産地の県を選びなさい。

    神奈川県
    愛媛県
    大分県
    福岡県