練習問題【2級世界史】- 歴史能力検定検定 -

設問1

 中国における儒学の歴史について述べた次の文章【A】・【B】を読み、あとの問いに答えなさい。

【A】  儒家の祖とされるのは、(a)春秋時代に魯の国に生まれた孔子である。彼は仁を政治上・倫理上の理想とし、各人が仁を実践することで社会秩序が維持されるとした。孔子の思想はその後、弟子たちやさまざまな思想家に受け継がれたが、戦国時代に活躍した(b)孟子もその代表的人物の一人である。
 前3世紀末に中国の政治的統一を達成した(c)秦の始皇帝は、焚書・坑儒の言葉で知られるように儒家を弾圧したが、前漢の武帝の時代には( ア )の献策で儒学が官学とされ、続く後漢の時代には、経書の字句の解釈を目的とする訓詁学が発展し、( イ )らが大きな功績を残した。
 後漢の滅亡後、儒学は停滞したが、隋・唐代には皇帝による儒学の奨励で再びさかんとなった。(d)唐の太宗の命を受けて孔穎達らが編纂した『五経正義』は、後漢以来の訓詁学の集大成にあたる。

 

問1 下線部(a)の時代について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

    周王室の鎬京への遷都が、この時代の始まりとされている。
    斉の桓公などの有力諸侯は、「春秋の五覇」と称されている。
    諸侯国の一つである燕は、陝西地方を支配した。
    楚の韓・魏・趙への分裂をもって、この時代は終幕した。

設問2

問2  下線部(b)の人物について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

    性善説を唱え、王道政治を主張した。
    無為自然を唱え、一切の人為を否定した。
    性悪説を唱え、礼による統治を強調した。
    兼愛を唱え、侵略戦争を否定した。

設問3

下線部(c)の人物の事績について述べた文として誤っているものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

    全土に郡県制と呼ばれる統治制度を実施した。
    統一貨幣として半両銭を鋳造した。
    匈奴の侵入を阻止するために万里の長城を修築した。
    塩・鉄・酒の専売制度を創始した。

設問4

空欄(  )・(  )にあてはまる人名の組み合わせとして正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

    ア-董仲舒 イ-鄭玄
    ア-董仲舒 イ-蔡倫
    ア-司馬遷 イ-鄭玄
    ア-司馬遷 イ-蔡倫

設問5

下線部(d)に関連して、太宗の時代について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

    太宗の時代の政治は、「開元の治」と称された。
    唐は新羅と連合して高句麗を滅ぼした。
    太宗の時代の政治は、「貞観の治」と称された。
    税の増収をはかるため、両税法を採用した。