江戸文化歴史検定 2級

設問1

文政年間(1818~30)、根津にあった九尺二間の裏長屋の場合、ひと月の家賃が銀5匁という記録が残っています。ではこの場合、1日あたりの店賃は銭いくらになるでしょう? 目安として当時の相場、銀60匁≒銭6,000文、大の月を使って計算してください。

    約4文(串だんご1本)
    約8文(湯屋1回)
    約16文(そば1杯)
    約28文(髪結1回)

設問2

昌平坂学問所で学んだ旗本・御家人が受験し、その結果がのちの立身出世につながるものとされ、「遠山の金さん」で親しまれる 遠山景元の父景晋も受験したという試験とは、何でしょう?

    学問吟味
    口頭試問
    朱子学吟味
    学力考査

設問3

江戸の吉原では、金もなく言葉も身なりも野暮ったい人々を、その人たちの身なりにちなんである言葉で呼び慣わしていました。この言葉とは、次のどれでしょう?

    浅黄裏
    竹光
    裾貧乏
    丹前振

設問4

江戸時代の暦に関する説明で、正しいものはどれでしょう?

    年のうち何日か閏日を設けた
    1年を12に分けた節気があった
    夏の昼間の長い日を長日、冬の昼間の短い日を短日といった
    干支は年を表わすときにだけ用いられた

設問5

日本橋の魚河岸で働く若い衆の髷の形にちなんで、江戸っ子の勇み肌で粋な姿をたとえるある言葉が生まれました。その言葉とは、次のどれでしょう?

    鯔背(いなせ)
    侠骨(きょうこつ)
    伝法肌(でんぽうはだ)
    篦棒(べらぼう)

設問6

土佐の万次郎、尾張の音吉、播磨の彦蔵、伊勢の光太夫。この4人の共通点は次のうちどれでしょう?

    義民
    からくり師
    漂流民
    博打打ち

設問7

7月7日の七夕祭には、あるものを食べる習慣がありました。理由ははっきりとしていないようですが、「色紙のついでに(   )買ひにやり」など江戸の川柳にも多く詠まれ、また宮中でもこのしきたりは守られていたようです。さて、この食べ物とは何でしょう?

    そうめん
    蕎麦切り
    天ぷら
    蒲焼

設問8

引っ越しの際に蕎麦を配る習慣は、江戸末期から始まったとされています。しかし、それ以前にも「家移」の祝儀と称して、引っ越した際には、手伝いや近所にある食べ物を配っていたようです。さて、その食べ物は何でしょう?

    ぼた餅
    小豆粥
    いなり寿司
    おにぎり

設問9

新吉原に関する説明として間違っているものは、次のうちどれでしょう?

    周囲は「おはぐろどぶ」という堀で囲まれていた
    大門を入ってすぐ右手には四郎兵衛番所、左手には町奉行所同心の詰所があった
    浄念河岸や羅生門河岸には、手軽に遊べる格安の切見世があった
    真ん中の通りを仲の町といい、「見返り柳」があることで知られていた

設問10

関ヶ原の戦いは、全国の諸大名を東軍と西軍に分けた、まさに「天下分け目の戦い」でした。では、次のうち関ヶ原での戦闘に加わっていない人物は、誰でしょう?

    細川忠興
    伊達政宗
    福島正則
    山内一豊

設問11

江戸市中の商家などでは、年末の大掃除「煤払い」のあと、あることをしていました。それは次の うち、どれでしょう?

    豆まき
    万歳三唱
    胴上げ
    寒中水泳

設問12

江戸時代流行した、絵で示すクイズ「判じ絵」。図は江戸のある地名を示すがそれはどこ?

    赤羽
    入谷
    四谷
    矢来町