深海生物検定 3級(初級) 練習問題

設問1

英名Hatchetfish(手斧魚)と呼ばれているテンガンムネエソは主に水深200-1000mに生息しており、そこには、かすかに太陽光が届く。テンガンムネエソの特徴のうち間違っているものはどれか。

    発光器を持ち、影を隠し、敵から身を守る。
    体の幅がとても狭く影を小さくすることで、敵から身を守る。
    主な食性は小型生物を捕食する。
    体の色を変えて、周りと同化し、敵から身を守る。

設問2

ダイオウホウズキイカは約1mの長い腕に直径2.5cmにもなる吸盤が並び、さらに、吸盤の中にはフックのような鉤爪に変形しているものもあるが、積極的に泳いで獲物を狩るタイプではなく、少しの食べ物で長期間生きられる。このイカが必要とするエネルギー量は同じ南極海に生息するクジラの何分の一といわれているか。

    1/10~1/30
    1/300~1/600
    1/1,000~1/2,000
    1/10,000~1/20,000

設問3

ジュウモンジダコは淡色の外套膜と暗紫色のヒレを持つ、メンダコと同じ科の仲間である。このタコはその外見から別名を「○○○オクトパス」というが、○○○に入るのは何か。

    メガネ
    ロック
    ダンボ
    ヨット

設問4

ハリイバラガニは名前の通り、全身がびっしりと長い棘で覆われているのが特徴の1つである。これにはカニの名前がついているが、分類学上はカニより何に近いか。

    ヤドカリ
    エビ
    オキアミ
    フジツボ

設問5

大きい個体では、8mほどの長さのリュウグウノツカイ。頭部から伸びた背びれの一部と、体の下側から伸びる細い腹ビレも相まって、派手な出で立ちをしているが、腹ビレの役割はどれか。

    小さなエビやイカ、小魚などの獲物が来たときに、絡みつかせて捕食する器官。
    発光させ、小さなエビやイカ、小魚などの獲物を引き寄せる疑似餌の役割。
    小さなエビやイカ、小魚などの獲物を見つける感覚器官。
    敵が来たときに広げて威嚇をする。